地球の歩き方全シリーズ
更新・訂正情報
N&R > A ヨーロッパ > A01ヨーロッパ > 2018-19 > P154:ヨーロッパの鉄道パス 2019年変更点に関して

A ヨーロッパA01ヨーロッパ2018-19
P154:ヨーロッパの鉄道パス 2019年変更点に関して

ガイドブック A01 ヨーロッパ 2018~2019
2018年03月発行版最新版を見る更新・訂正情報を見る

2019年1月よりヨーロッパ鉄道パスに関しまして、大幅な変更がありました。変更点は以下のとおりです。

P.155:鉄道パスの割引料金
セーバーパスはユーレイル系の鉄道パスは廃止。
補足の19:00ルールの適用はジャーマンレイルパスとブリットレイルパスのみ。ユーレイルグローバルパスなどのユーレイル系の鉄道パスで夜行列車を利用する場合は、乗車日を記入する。

P155:鉄道パスのおもな種類
ユーレイルグローバルパス ヨーロッパ28カ国→ヨーロッパ31カ国(イギリス、リトアニア、マケドニア追加)
ユーレイルセレクトパス 廃止

P.157:ユーレイルグローバルパス
1.適用国にイギリス、マケドニア、リトアニアの3カ国が加わり適用国が31カ国。
2.セーバー料金の廃止。
3.シニア料金(60歳以上:1等/2等)の新設。
4.2等大人料金の新設。
5.フレキシータイプで3日分/1カ月間の新設。

P.158:ユーレイルセレクトパス
P.159:ユーレイル2カ国セレクトパス
→2019年より廃止となりました。

P.159:ユーレイル1カ国パス
1.マケドニア、リトアニアの1カ国パスが新設。
2.セーバー料金の廃止。
3.シニア料金の新設。

P.161:1カ国型鉄道パス(国別パス)
.ユーレイルフランスパス
1.鉄道利用日が1日~8日分の設定(有効期間は1カ月間)
2.セーバー料金の廃止。
3.シニア料金の新設。

ガイドブック A01 ヨーロッパ 2018~2019 の更新・訂正情報一覧


special thanks:Vector Designed by Freepik